キャッシング、カードローンの低金利情報や、審査の甘さ情報や、即日融資が可能な金融機関等のリサーチも万全です。

カードローンとキャッシングの低金利など最新情報をリサーチ

カードローンとは

 

銀行や信販会社、消費者金融といった賃金業者が発行するカードを利用してあらかじめ契約した貸出枠の範囲でCD・ATMを通じて資金を借り入れる事が出来る仕組みのことをいいます。
ATM・CDについては、金融機関が設置するもののほか、コンビニや金融機関が提携する金融機関が設置するものを利用する事ができます。
尚、カードを用いずにインターネットバンキングなどを利用してローン口座から普通預金口座へ振り込むことで資金を貸し付ける形のローンもありますが、これはネットキャッシングなどと呼ばれ、カードローンとは異なります。

 

個人向けのカードローンは、担保なしの無担保型と、不動産や有価証券などを担保とする有担保型に別かれます。いずれも用途は原則として自由です。

 

カードローンでは長期でまとまった金額(数百万円)を借りることができます。カードローンのほうが利息は少なくて済みますので、なるべくカードローンを活用すること良いでしょう。
ただ、カードローンの場合は審査がキャッシングよりも基本的に厳しいですので注意が必要です。申し込む順番はカードローン→キャッシングのほうがいいでしょう。

 

カードローンは、金融機関が保証会社が保証(機関保証)するため、保証人は不要ですが、申込の際は金融機関及び保証会社の両社が審査を行う事となっています。審査の結果、保証会社の保証が受けられないと判断された場合は、カードローンを利用する事はできません。
万が一、延滞や貸倒が発生した場合は、保証会社が金融機関へ代位弁済し、保証会社が債務者へ債権回収することとなるので、この場合、保証会社から直接借入れて延滞したものと同等の取立てに遭うこととなる可能性が高いです。
定職に就いていなく、一定の収入がない者(フリーター、学生、専業主婦など)は、金融機関に相当の定期預金などの取引がないと信用上発行が難しいとされるが、貸金業者が保証するカードローンでは近年、申込基準が緩和されているので良く確認してみましょう。
返済方法は、多くの場合リボルビング払いで完済するまで、毎月の返済日に口座自動振替で返済していく形となるが、資金に余裕が有ればATMで直接カードローン口座へ入金したり、リモートバンキングで自分名義の普通預金等から振替することも可能ですので利用しましょう。

 

メリット
金利が貸金業者より低いものが多い
金融機関によっては、カードローンの返済に指定している普通預金口座が口座自動振替で残高不足となった場合に、カードローン利用可能額の範囲で自動的に立て替えてくれる「自動融資」機能があるところもある。
金融機関によっては、カードローン利用によって金融機関の優遇サービスの特典加算対象となるって得することがある。
デメリット
金利が変動金利制である場合、定期的に金利を見直すので、金利が上昇するリスクがある
リモートバンキング上でカードローン口座の取引明細が確認できない場合、定期的に郵送される明細書のみでしか確認することができない

 

利用するときの注意点
使いすぎ、借りすぎには充分注意して無理のない返済計画を立てて利用するようにこころがけましょう。
多重債務に陥ったりすれば、一番つらい思いをするのは自分だということを理解しておきましょう。
消費者金融は遅延損害金による収入を目当てに数日の遅延なら見逃す会社があるようですが、カードローンは1日に遅延しただけででも新規貸出を停止して債権回収する(契約書面に記載)のが一般的であるため、時間的・金銭的余裕を持って返済日を迎えるようにしましょう。

 

キャッシング

 

せっかくキャッシングでお金を借りるなら少しでも低い金利のところで借りたいものですが、キャッシングの金利は金融会社によって大きく異なります。
簡単に借り入れができるからという理由で現在お持ちのクレジットカードでキャッシングをされる方も多いようですが、クレジットカードの金利は15〜20%前後と高めに設定されていますのでお得な判断とはいえません。
これに対して消費者金融のキャッシングを利用した場合の方がより低利で借りられることが多いです。融資の金利は8〜18%前後に設定されています。

 

消費者金融には、テレビCMでおなじみのアコムやプロミスといった専業系のところのほかにも、三井住友銀行のアットローンや三菱東京UFJ銀行のモビットなど銀行系のところもあります。
各社ともCMに力を入れているので、聞いたことがあるところが多いかもしれません。
こういった会社の他にも、オリックス・クレジットやセントラルファイナンスのような信販・流通系だけでなく、さらに最近では、楽天クレジットや住信SBIネット銀行などインターネットを使って申し込みをするIT系のところも参入してきました。
少しでも安い金利で借りるためには、比較して選ぶすることが大切です。借りるときは気軽な気持ちでもあとから返すときの大変さを考えると、きちんとに選んでおきましょう。

 

クレジットカードキャッシングの注意点

 

キャッシングの借入先はさまざまですが、中でも一番身近なのがクレジットカードを使ったキャッシング。
手持ちのカードを利用して手軽にお金を引き出せるので深く考えないで利用している人も多いようです。
高い利息を支払う羽目になるので翌月以降のやりくりが難しくなり、キャッシングを繰り返すということにもなりかねません。
クレジットカードのキャッシングを利用する人に多いのが、定期預金などの貯蓄がありながら、日常のおこづかいが足りなくてつい借りてしまうというケースです。
これではせっかくの定期預金の利息も支払う金利でマイナスになってしまいかねません。消費者金融の窓口に行くのは抵抗があって行けなくても、「ちょっとお金が足りないな」とATMで1〜2万円のキャッシングをしたことのある人は多いのではないでしょうか。
お金を借りる行為には金利がつきものです。お金と上手に付き合っていくためには、「利息を払うのはもったいない」というはっきりとした意識を持つことです。

 

クレジットカードのリボ払いに注意!

 

クレジットカードでキャッシングをする場合、一番注意しなければならないのが「リボルビング払い(リボ払い)」のシステムです。リボルビング払いは、カード利用回数や利用金額にかかわらず、毎月一定金額を返済していくというシステムです。
借入残高にかかわらず契約時に設定した毎月の支払金額を返済していくということです。例えば、1カ月の返済金額を1万円とした場合、借入残高が3万円でも50万円でも毎月1万円ずつ返済していきます。リボ払いで最も注意しなければならないのは、毎月の返済額が少ないため、ほとんど利息ばかりを払い続けることになり、なかなか残高が減らないというジレンマに陥りやすいということです。
リボルビング払いには、毎月の返済額が一定ですので返済計画が立てやすい、月々の負担が少ないというメリットがありますが、それ以上に借りれば借りるほど支払い期間が長くなるので、返済期間と支払う金利がどんどん延びてしまうというデメリットもあります。
また、リボルビング払いの金利は15%程度と比較的高いのです。代金の支払いを引き延ばすリボ払いは真綿で首を絞めるようにあなたの財布の負担になるかもしれません。
利用金額が大きくなればなるほど支払回数と支払う金利も増え、利息を多く払う羽目になることに充分注意してください。

 

 

キャッシングの有効な返済方法は?

 

やむを得ずキャッシングでお金を借りてしまったということもあるとおもいますので、少しでも効率よくお金を返済ていくことを考えましょう。例えば、臨時収入やボーナスが入ったり、いつもよりも多めに残業代が入ったりしたときには、いつもよりも多く返済するようにこころがけましょう。
いつもより多めに、早めに返済することでその分の利息を抑えるができ、結果的に返済総額を少なくすることができるからです。 提携先のコンビニのATMや銀行ATMで、カードを使ってお金を入れるだけ返済できます。まとめて一括で返済することもできますし、希望する金額だけをいれることもできます。
支払う利息をなるべく減らしたいのであれば、できるだけ早いうちにできるだけ多めに返すのがテクニックです。利息は借入残高が多いほどついてくるので、多くの金額を借りているときほど利息を減らす効果が大きくなります。臨時収入が入ったときなどは使ってしまいがちですが、キャッシングしている人は、少しでも返済に回すようにしましょう。